実は除菌・消臭剤って・・・

公開日:

更新日:2019/08/04

カテゴリー: スタッフブログ  タグ: 


こんにちは! 
春が待ち遠しいスタッフAです(*^_^*)

さて、みなさんも市販の除菌・消臭剤はご存知かと思います。
「ファ〇リーズ」とか「リ〇ッシュ」とか・・・。

頻繁に洗えないスーツなどに匂いがついてしまった時に、役立ちますよね♪

CMを見ていると、
匂いも消えて、除菌もされて・・・
あたかもキレイになったように感じますよね。

でも本当のところはどうなんでしょう?!

いつも行くクリーニング屋さんに聞いた情報ですが、匂いが消えてる理由は、汚れの上から液剤でコーティングしているから匂いがなくなるんです。

決して、キレイになっているわけではありません!

しかも、汚れの上から液剤をかけて、匂いが出たら、また液剤をかけて・・・
実は、どんどん汚れてしまってるのです!!

生地は傷むし、ゴワついてくるし・・・。

クリーニング屋さんも、汚れを落とすのが困難になってしまうこともあるそうです。

『汚れたり、匂いがしたらすぐに洗う』

これが基本です!

とは言っても、お値段のことを考えると頻繁にクリーニングに出すのは躊躇しますよね。

スーツの痛みやシミが気になる場合は、除菌・消臭剤を 生地  回数と距離 に注意して使えば防げるそうです。

どんな生地に気をつければいいの?

「水に弱い生地」には基本向いておらず、「絹・レーヨン・アセテート・キュプラなど」は「縮み・シミ・色落ち」の原因になります。中でも、スーツに関係している水に弱い生地「キュプラ+ポリエステル」の素材が、スーツの裏地に使われてることがあります。
キュプラは水に弱く縮みやすいので、「シミ」になる可能性があります。

汚れがついている生地はNG!!

・長期間クリーニングに出していない
・汗が大量にしみこんだ臭いがする

除菌・消臭剤は消臭効果はあっても、汚れをとるスプレーではありません。
汚れの上からスプレーすると、汚れの成分の上に除菌・消臭剤の成分が付着します。
汚れた服の上に常用すると「ゴワゴワ」した感じになるのは、汚れがより固まるからです!結果、生地が傷むというわけです。
まずは、生地についている汚れを落としてから、スプレーすることをお勧めします!

スプレーする正しい回数と距離は?

・スーツと除菌・消臭剤の距離を20~30cm離す。
・男性用のジャケット(上着)なら5~6回スプレー。

夏場、「脇汗」の臭いが気になると、無意識に脇の部分に集中してスプレーしがちですよね!
ポイントは、「まんべんなく」「全体に」スプレーする!これでシミは防げます。

いかがでしたか?

除菌・消臭剤は、使用方法を守れば、とても手軽で便利なものです♪
みなさんもぜひ、シュシュッとスプレーする前に生地や場所に気をつけて使ってみてくださいね^^

♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

藤和建設㈱は、狭山ヶ丘駅徒歩2分のアットホームなお店です。
所沢市・入間市を中心として地域に密着した不動産会社である当社スタッフが、お客様の大切なお住まい探しを責任持ってお手伝いいたします!!また、未公開物件が閲覧できる無料会員登録はお得な特典がいっぱいです!
ぜひご利用ください^^

無料会員登録はこちらから>>>