物件のご購入からお引渡しまでの流れ

【Step-1 お申込み】 

「お申込み」とは、その物件を購入する事の意思表示です。
複数の購入希望者がいた場合には、申し込みをした順に交渉の優先権が確保されます。
いい物件を見つけた際には、できるだけお早めにご相談くださいね。

Step-1の内容 
申込書(買付け証明書などということもあり)に署名・捺印して提出していただく形になります。
※申し込みの前提は「購入の意思表示」「交渉優先権の確保」ですから、気軽に申込・撤回をする事は控えてくださいね。
※申込みの際には有効期限を定めることが一般的です。有効期限内に売買契約をすることになるので、期限は必ず確認するようにしましょう。

Step-1のPoint  
 ※住宅ローンを利用する場合、この段階で事前審査を申請(2日)するとスムーズです。

♦ご用意して頂くもの  ・認印

【Step-2 売買契約】

次に売買契約を行います。
売買契約書に署名・捺印することですが、売買契約の前には宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けていただきます。

売買対象不動産の「権利」「法令上の制限」「契約解除の契約条件」など、お金にかかわる内容もあり、とても重要な内容です。しっかり聞いてくださいね。

Step-2のPoint 
 ※売買契約の際には、手付金を支払うことが一般的です。
手付金の金額は取引内容や諸条件にもよりますが、売買金額の5~10%になることが多いです。
 ※手付金は申込金と違い、買主都合で売買契約を撤回(キャンセル)した場合、返金されませんので、注意が必要です。
 ※不動産の契約に「仮契約」はありません。売買契約書に署名・捺印すれば、売買契約が成立となりますので説明をしっかりと聞き、書類や内容をきちんと確認しながら進めていくようにしましょう。

【Step-3 ローン契約】

住宅ローンを利用する場合、売買契約後、遅滞なくローン申し込みをします。通常は1~2週間前後で承認がでます。その後、金融機関とローン契約を結んでいただきます。

♦ご用意して頂くもの  

実印 ・印紙代 ・印鑑証明書

・住民票 ・収入証明書 ・実測図

・売買契約書 ・重要事項証明書

・登記簿謄本 ・付近案内図

などが必要になります。金融機関によって必要書類が異なるので事前に確認をお願いします。
尚、金融機関との契約は必ず契約者本人が出向く必要がありますので、注意してくださいね。

住宅ローンの本審査の承認が下りたら、決済といよいよ引渡しとなります。

【Step-4 決済とお引渡し】

売買契約を交わし、住宅ローンの申し込みをして承認が降りれば、残代金を支払い(決済)、所有権を売主から買主に移転いたします。
住宅ローンを利用する場合には銀行で借入を行い、その場で売主に残代金を支払います。

Step-4のPoint   
 ※不動産登記は司法書士に必要書類を渡し申請を依頼してください。
 ※固定資産税などの清算や仲介手数料などの諸費用の支払いがありますので、ご確認をお願いします。

❁祝❁ おめでとうございます!
カギの引き渡し、関係書類(付帯設備の説明・保証書など)を受け取ってすべての取引が終了します。
引き渡し日から土地と建物は自分の所有となり引っ越しも可能となります。

不動産購入は、人生のうち何度もあることではない大きな買い物になります。
分からないことは遠慮せず、何度でも聞いてくださいね。
社員一同、心を込めてお手伝いさせていただきます!