売却方法について

   仲介と買取について 

 不動産を売却する方法としては、大きくわけて「仲介」と「買取」での売却方法があります。

 

仲介とは・・・

 不動産会社が購入希望をもった人を探し出し、売買を成立させるのが「仲介」による売却です。つまり、仲介の場合は主に買主は個人です。

買取とは・・・

 不動産会社が不動産を査定し価格を提示。その価格に売主が納得すれば、直接その不動産会社が買主として不動産を買い取ります。

 仲介と買取のメリット・デメリットを比較 
  メリット デメリット
仲介
  1. 市場価格に近い値段で売却可能。
  2. 売り焦る必要がない。
  3. 納得のいく価格で売却できる可能性が高い。
  1. 売却価格や売却時期が決まっていないため、資金面に狂いが生じる場合がある。
  2. 売却までに時間がかかる場合がある。
買取
  1. 査定から取引終了まで短期間で売却が可能。
  2. 周囲に秘密で売却できる。
  3. 仲介手数料不要。
  1. 仲介で売却するより売却価格が2割から3割ほど安くなる。

 当社では、お客様のご事情、ご要望をお伺いした上で、より良いご売却の方法をご案内させていただきます。

 

ご相談・お問合せは、藤和建設株式会社にお気軽にお電話下さい。



※お問い合わせ内容に【売却希望】とご入力をお願い致します。